水道修理はどこに依頼すればいい?安心できる3つのポイント

「急にトイレが詰まってしまった」「お風呂場の蛇口の水が出ない」など、急な水まわりのトラブルはとても困ってしまいまうよね。
いざ修理を頼もうと思ってもどこに連絡すればいいかわからない・・。
ぼったくられたらどうしよう・・。
など不安もあるかと思います。
急な水のトラブルが起きても水道修理業者を選ぶポイントを押さえておけば問題ありません。
水道修理業者を選ぶポイントをわかりやすくご説明していきます。

目次

シングルレバー混合水栓はその名の通り、レバーが1つだけしかついていない蛇口のことです。
今では数あるタイプの中でも主流の蛇口となっており、ほとんどの家庭ではこのシングル型の蛇口が使われています。
シングルレバー混合水栓のメリットは「手軽さ」にあり、レバー1つで水量調節や温度調整を行うことができます。
そのため、キッチンで料理や洗い物をするさいなどには非常に役立ちます。

シングルレバー混合水栓を構造するパーツの中でも特に重要な役割を果たしているのが、以下の4つです。

これらはどれもシングルレバー混合水栓を構築する重要なパーツであり、各々が大きな役割を担っています。
それぞれのパーツの役割を順番に紹介していきますにで、一緒に詳しく見ていきましょう。

ナット

ナットとは六角形のネジのことで、シングルレバーと接続部を固定する重要なパーツの1つです。
もしナットが緩んでいたりすると、接続部の間から水漏れが発生する可能性があります。

バルブカートリッジ

パルプカートリッジはシングルレバー混合水栓の核とも言えるパーツです。
このパイプカートリッジがあることによって、シングルレバー混合水栓の水量や温度をコントロールすることが可能になります。

注ぎ口

注ぎ口は別名「スパウト」とも呼ばれ、蛇口本体の水が出る管の部分にあたります。
吐水口の主な役割としては水温の調節であり、お湯が熱くなったり冷たくなったりするのを防いでくれます。

パッキン

パッキンとは、蛇口や配管がつながっている部分に取り付けられているゴム製のパーツのことで、蛇口からの水漏れを防止する役割を持っています。
日々の蛇口の使用によってパッキンが摩耗していくと、シングルレバーとつながっている部分の間から滴るように水が漏れ出てくることがあります。

レバー下から水漏れを起きる原因としては、ナットの緩みやパルプカートリッジの老朽化が考えられます。
改善するためにはパルプカートリッジの取り替えが必要になります。

注ぎ口の下が水漏れを起こす原因の多くは、パッキンやナットなどの内部のパーツの不具合にあります。
そのほかにも内側に傷が入っていたり、ゴミが付着していると、水漏れの原因となることがあります。
この部分から水漏れが起きる分には問題ないのですが、蛇口から水が出ると同時に注ぎ口の胴体部分の上もしくは下から水が漏れるというケースがあります。

蛇口本体からではなく、さらに下の部分である止水栓が水漏れを起こすこともあります。
上記のレバーや注ぎ口を「幹」と例えるなら、止水栓はその「根っこ」の部分にあたります。
止水栓のつながっている部分も注ぎ口と同様、ナットの緩みやパッキンの老朽化が原因として考えられます。

水漏れは規模が大きければ大きいほど、なるべく早いうちに対応していく必要があります。
蛇口のトラブル早い段階で解決しないと後々になってもっと大きなトラブルを招くことになるので自力で直すか修理業者に依頼するなどして、一刻も早く対応を済ませておくことが大切です。

今回はシングルレバー混合水栓について詳しく紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
シングルレバー混合水栓は新築の家など使われていることの多い蛇口です。
レバーが1つだけ付いていて、上下、左右と自由に動かすことができるので、ハンドル混合水栓よりも利便性が高いと言えます。
今後もしシングルレバー混合水栓に何か異変を感じた場合は、対応を後回しにせず、出来るだけ早い段階でトラブル解決に努めることが大切です。

今月のおすすめ水道業者4選

水の救急隊

水の救急隊by株式会社クリアライフ

JBR

水の生活救急車(JBR)

クラシアン

クラシアン

イースマイル

イースマイル
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

あなたの体験や疑問を教えて下さい

コメントする

目次