止水栓のある場所と止水栓の形状

止水栓

こんにちわ!

みなさん止水栓はご存知ですか?

読んで字のごとく「水を止める栓」の事です。必ず各お家や部屋ごとに止水栓が設置されています。

この止水栓の場所や使い方を覚えておくと、いざというときに役に立ちます

 

止水栓てなに?いつ使うの?

それでは止水栓とは役割があり、どんな時に使うのか解説していきます。

  • 水を元から止める
  • 水道設備の部品交換時に水を止める

主にこの2つが役割です。

例えば「蛇口の水が出っぱなしで止められない」「トイレの水が止まらない」「蛇口を交換する」「ウォシュレットの取付をする」などこのような場合に止水栓を閉めます。

止水栓を閉めるとそこから先(お家の中側)へは水が流れていかなくなります

このように応急処置や部品交換の際に止水栓を使います。

止水栓はどこにあるの?

止水栓の役割はわかりましたね。ではそもそも止水栓はどこにあるんでしょうか?

結論からお伝えすると「建物ごとに違う」となります。

でも安心して下さい。ある程度パターンがあります。基本的には外にあります。

■戸建:地面(玄関~公道の間)(駐車場)

■マンション:パイプスペース、エレベーターホール

となります。

戸建ての場合は寒冷地でない限り、地面にあることがほとんどです。「止水栓」もしくは「量水器」と書かれたフタを見つけたら開けてみて下さい。

マンションの場合は玄関の横に扉が付いていないか確認してください。ここがパイプスペースと呼ばれる場所で配管やガス管などの元栓が入っていたりします。

扉を開けたら水道メーター(握りこぶしくらいのサイズ)を目印にして中を探してみて下さい。経験上では6~7割くらいの確率で止水栓があります。

※パイプスペースの扉に鍵が掛かっているときは管理会社か大家さんに連絡しましょう。

1か所に集められた止水栓

もし「パイプスペースがない」「パイプスペースはあったけど止水栓が入っていない」ときはエレベーターホールにまとめて止水栓を配置していることがあります。この場合は自分の部屋以外の止水栓を閉めてしまうとトラブルの元になるので管理会社か大家さんに確認しましょう。

入居時に止水栓の場所を確認しておくと後から探す必要もないので、これから入居する方は確認しておきましょう。

止水栓はどんな形や見た目をしているの?

止水栓のある場所はなんとなくわかって頂けたかと思います。

では実際に止水栓はどんな形や見た目をしているのか解説していきます。

戸建ての止水栓

メーターボックス 戸建ての場合はこのような止水栓が地面に埋まっています。

フタの色が水色だったり、形が丸いパターンもあります。

メーターボックスの中

メーターボックスのフタを開けるとこの様な形状になっています。

止水栓は画像右側のハンドルです。これを時計回りに回すと水が止まります。

※かなり回りますので、水が止まるまで回して下さい

逆に反時計回りに回すと、また水が出るようになります。

マンションの止水栓

マンションの場合はまずパイプスペースを見つけましょう

パイプスペース

こんなやつです。

形や色は様々ですが、玄関横にあることが多いです。

マンションの水道メーターと止水栓

このような感じでパイプスペース内に止水栓と水道メーターがあります

画像左側の赤いハンドルが止水栓です。

これを時計回りに回すことで水を止めることができます。

他にも止水栓はあるの?

大元の止水栓を閉めてしまうとお家全体の水が使えなくなってしまいます。これではかなり不便ですよね。

そんな時の為に、水まわりには他にも止水栓を取り付けてあることがあります。

  • トイレの水だけを止める止水栓
  • キッチンの水だけを止める止水栓
  • 洗面台の水だけを止める止水栓

などがあります。ただし止水栓が付いていない場合もあるので確認しておきましょう。

トイレの止水栓

トイレの止水栓

トイレの止水栓はこのような形状をしています。

またトイレにほぼ確実に止水栓が付いているので覚えておいてください。

画像下部の先端部分に切れ目があるのがわかるでしょうか?これをマイナスドライバーなどで時計回りに回すと、ここで水を止めることができます。

上の画像では壁から出ています、床から出ている場合もあります。

トイレの止水栓ー床

キッチンの止水栓

ではキッチンの止水栓はどんな形状かと言うと、トイレとは少し違います。

キッチンの止水栓

蛇口のハンドルのようなものが付いているのがわかりますか?

このようにお湯と水の2つの止水栓があります。2つ止水栓が付いている場合は両方とも閉めないと水は止まりません。

またこのようなハンドルが付いていない時は、キッチン用の止水栓は付いていないのであきらめて大元の栓を閉めましょう。

洗面台の止水栓

洗面台の止水栓はキッチンと似ています。

洗面台の止水栓

このような感じです。キッチンと同様にお湯と水が分かれている場合は両方とも閉めるようにして下さい。

まとめ

  • 止水栓を閉めれば、そこで水を止めることができる
  • 止水栓は玄関の外にある
  • 閉めるときは時計回り(右回し)
  • トイレやキッチンにも止水栓が付いていることも
  • 反時計回りに回せば、また水が出る

となります。

いざ水のトラブルが起きた時に、焦って探さなくていいようにご自宅の止水栓の位置は確認しておきましょう。
三田市水道局がわかりやすい動画を提供しています。

どうしても水漏れが止まらない時は「見積無料の修理業者」に相談しましょう。

今月のNO.1|おすすめ水道修理会社の公式サイトはコチラ
今月のNO.1|おすすめ水道修理会社の公式サイトはコチラ
タイトルとURLをコピーしました