洗濯場用水栓(蛇口)の交換方法と業者に依頼した場合の費用目安

洗濯水栓の交換方法

洗濯機用の水栓(蛇口)の交換を検討しているときに気になるのが「洗濯機の蛇口って自分で交換できるの?」ということですよね。

水栓交換を業者に依頼したら高いんじゃ…」と不安に思っている方も多いかもしれません。

そこでこの記事では、《洗濯機の水栓を自分で交換する方法》と《水道業者に依頼する場合の費用相場の目安》についてご紹介します。

この記事を読めばこれまで水栓の交換を行ったことがない方でも安心して取り替えすることができるようになるのでぜひ最後までご覧ください。

【この記事を読んで欲しい人】

  • 自分で洗濯機の水栓を交換したい
  • どんな水栓を選べばいいのか分からない
  • 業者に頼むべきか迷っている
  • 費用相場を知りたい
  • 交換するときの注意点を知りたい
目次

洗濯機の水栓(蛇口)の交換を自分でする方法

洗濯機の水栓(蛇口)の交換を自分でする方法

洗濯機の蛇口は、一般的に水しかでない単水栓なのでとてもシンプルな構造となっています。

そのため、交換方法も比較的簡単に行うことができるので水栓の交換がはじめてだという方でも手順通りに行えば迷うことなく作業を完了することができます

以下では実際に洗濯機の蛇口を交換するときに必要なものと、水栓交換の手順についてご紹介します。

準備するもの

洗濯機の水栓を交換するために必要な材料や工具は、すべてホームセンターで購入することができます

しかし、1つだけ注意しておかなければならないことがあります。それは「水漏れに注意する」ということです。

水まわりの設備を自分で交換するためには、1つ1つの作業を丁寧に、そして確実に行わなければ水漏れが発生してしまう可能性が高くなってしまうため注意しましょう。

最初の段階で不安に思われている方は水道修理業者に依頼して交換してもらうのがもっとも確実な水栓交換方法です。

洗濯機の水栓は1度交換してしまえば長年そのまま使い続けることになる水道設備なので、安心して使い続けたいですよね。

洗濯水栓の交換には以下のものを準備します。

新しい蛇口

新しく交換する蛇口は緊急止水弁付きの蛇口を選ぶようにしましょう。

そうすることで、地震などの何かのはずみで給水ホースが外れてしまった時に水が自動的にストップするため外出時に洗濯機を回しているときでも安心です。

新しい蛇口はホームセンターなどでも購入することが可能ですが、種類が少ないというデメリットがあります。

自分好みのものが見つからない可能性もあるため、あらかじめネットで洗濯機用の水栓を選んで注文しておくと安心です。

モンキーレンチ

水栓を取り外すためにはモンキーレンチを使用します。

通常のレンチだとサイズが合わない可能性もあるため、自分でサイズ調整を行うことができるモンキーレンチであればどのような場合にも対応することが可能です。

設置してから長期間経過している場合には固着している場合もあるのでそういった時には水栓取外しレンチなどを使って取り外すという手段もあります。

シールテープ

シールテープは水漏れを防ぐためにネジ部分にあらかじめ巻き付けるために使用します。

締めこむ方法に沿って巻き付けます。巻き直す可能性もあるため、残り少ない場合には買い足しておくようにしましょう。

マイナスドライバー

マイナスドライバーは止水栓を締めるために使います。

元栓を締める場合には必要ありませんが、蛇口を取り外した際に劣化したシールテープやゴミが付着していた場合にこそぎ取るのにも役立つので、準備しておくと便利です。

100均で購入できるもので十分です。

プラスドライバー

プラスドライバーは4つネジのニップルを取り付けたり、外したりするのに使います。サイズは大きいものと小さいものがあれば安心です。

100均で購入できるもので十分です。

歯ブラシ

歯ブラシは使い古したもので大丈夫です。

古い蛇口を取り外したときに汚れが給水管に残っているため、掃除するために使用します。通常の小さなブラシでも代用できます。

タオル

給水ホースや蛇口の中に水が残っていた場合に、床が濡れてしまうことがあります。厚手のタオルを1枚用意しておくようにしましょう。

水栓交換を行う前には止水栓・元栓を閉める

洗濯機の水栓を交換するときにもっとも重要なことは、作業前に必ず止水栓か元栓を閉めるようにしましょう。

止水栓は長年開け閉めしていないと、サビや汚れで固着して回らなくなってしまっている事があります。

そのような状況で、無理に力を込めて回してしまうと止水栓が破損して水漏れの原因になりかねないので注意が必要です。

止水栓を閉めることが難しい場合には、元栓を閉めるのが確実な方法です。

もしも止水栓・元栓を締め忘れたまま作業に取り掛かってしまうと、給水ホースを取り外した瞬間に水が部屋中に噴出してしまうため非常に危険です。

必ず水道水が出ない状態にしてから作業をしましょう。

ちなみに水道の元栓がどこにあるのか分からないという方もいらっしゃるかもしれません。

あらかじめ水道の元栓の場所を把握しておくとスムーズに作業を行うことができます。

戸建ての水道の元栓の場所

戸建ての水道の元栓は、玄関外と道路との間の地中にあることが多いです。
地面に「止水栓」「量水器」「水道メーター」と記載がある蓋がある場所を探してみましょう。

その中に水道メーターと水道の元栓が格納されています。
ハンドルタイプやレバータイプがあります。
水道を止めるときには時計方向に回せば閉めることができます

このときにどのくらい回したかを覚えておくと作業後に元栓を開ける際の目安になるので安心です。

マンション・アパートの水道の元栓の場所

マンションや集合住宅の止水栓は、玄関外の扉横にガスメーターや水道メーターなどがまとめて設置されているパイプスペース(パイプシャフト)と呼ばれる格納扉の中にあることが多いです。

このパイプスペース内に、水道管やガス管などの配管が通っているため、水道の元栓も設置されています。

マンションによって場所が異なることも多いため、見つけられない場合には管理会社に連絡して水道の元栓の場所を確認しましょう。

他のパターンでは、共有スペースや建物側の駐輪場や駐車場に各戸の水道メーターやガスメーターなどが一緒に設置されていることがあります。

同じメーターボックスがいくつも並んでいると他の部屋の水道を間違えてしまうこともあるため注意しましょう。

しかし、賃貸アパートなどの場合には自分自身で水栓を交換することはごく稀なケースです。

水栓の取り替えを行う場合には経年劣化が原因であるため、大家さんが費用を負担して取り替えることになる可能性が高いです。

賃貸で水栓交換を希望する場合には管理会社か大家さんに連絡するようにしましょう。

水栓交換の手順

洗濯機の水栓を交換するために必要な事前準備ができたところで、実際に水栓を交換していきましょう。

すべての手順に目を通し確認しておくことで迷うことがなくなるため、あらかじめ手順を確認しておくようにしましょう。

1.止水栓・元栓を閉める

前述した通り、水栓を交換する場合には必ず止水栓を閉めておきましょう。元栓を閉めておくのがもっとも確実で安心です。

2.洗濯機の給水ホースを取り外す

止水栓を閉めたことで給水ホースを安全に取り外すことができるようになります。

給水ホース内部は水圧がまだ高いため一瞬だけ水が「プシュッ」と出てくることがありますが、水圧が抜けただけなので、水が噴出したと勘違いして焦らなくても大丈夫です。

このとき床が濡れてしまわないようにタオルで保護しておくと安心ですね。

給水ホースの接続に必要な部品の4つネジを使用している場合、一度取り外すと水漏れの原因となってしまうため新しいものに交換する必要があります。

基本的にパッキン類は再利用することはできないということを覚えておきましょう。

古い蛇口を取り外す

蛇口を取り外していきますが、蛇口の接続部分はネジ式になっているため反時計方向に回せば外すことができます

ほとんどの場合、固着してしまっていてスムーズに取り外すことは難しいはずです。

そのような場合には、一瞬だけグッと力を込めてゆっくりと回していくのがコツです。

あまり力をかけてしまうと、給水管に亀裂が破損してしまうことにも繋がりかねないため注意しましょう。

手で外すことが難しい場合にはモンキーレンチを使用し、それでも取り外すことができないときには水栓取外しレンチなどを使います。

モンキーレンチがあればほぼ取り外すことが可能なのでゆっくりと慎重に行うようにしましょう。

新しい蛇口に水漏れのためのシールテープを巻く

蛇口の取り外しができたら、次は新しい蛇口の取付に掛かります。
まず、新しい蛇口のネジ山部分にシールテープを巻き付けていきます。
このシールテープの巻き付けはちょっとだけコツがいるので注意しましょう。

シールテープは洗濯機の水栓と給水管の接続部分を密着させるために必要不可欠な存在です。

そのため、ほんの少しの隙間ができただけでも水漏れが生じてしまうことになります。

蛇口を接続するときに回すネジ方向に沿ってピンッと張った状態でしっかりと固く巻き付けていきます。

巻き付ける回数は7~10回を目安にします。
少し巻きすぎたかなくらいでちょうどいいです。

巻き付けがうまくいかずシワになってしまったり、ズレてしまったときにはまた1から巻き直します。

そうしなければ、ほぼ確実に水漏れが生じてしまうため重要なポイントです。

接続部分の汚れを取り除く

取り外した給水管の内部に水垢の汚れやサビ、古いシールテープなどがゴミとして付着しているはずです。

この汚れを放置したまま新しい水栓を取り付けてしまうと水漏れが起きてしまうため、しっかりと掃除するようにしましょう。

古い歯ブラシや固めのブラシを使って掃除します。

新しい蛇口を取り付ける

先ほどシールテープを巻き付けておいた蛇口を取り外したのとは逆の手順で時計回りに取り付けていきます。

吐水口が真下にくるように位置を合わせます。

しかし、少し回しすぎたりして斜めになると、反時計方向(逆側)に回したくなることがあります。

が、絶対に逆方向へ回してはいけません。
確実に水漏れします。
万が一少しでも反対方向に回してしまうとシールテープを1から巻き直さなければならなくなるため注意しましょう。

最低でも3~5回転以上は締めこむ必要があるため目安にしましょう。
ここが水栓取付時の一番難しいポイントになります。

止水栓・元栓を開けて確認

水栓の取り付けが無事に完了したら止水栓・元栓を開けて水漏れがないか確認します。

水栓と壁の隙間からジワジワと水漏れしてしまう場合には、シールテープがきちんと巻き付けられていない可能性があるためやり直す必要があります。

この段階で水漏れしていなければ水栓の交換は無事に完了です。
洗濯機用の給水ホースを再び取り付けて洗濯機と接続しましょう。

洗濯機用水栓の取り替え交換時期の目安

洗濯機用水栓の取り替え交換時期の目安

洗濯機用水栓を取り替える交換時期について悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

一般的に、以下のような場合に水栓を交換する目安となるので参考にしてみてください。

水栓本体の寿命を迎えたとき

一般的に蛇口の寿命は10年程度だとされています。
使用頻度などにもよりますが、洗濯機の水栓は蛇口を閉めることがほぼありません。

そのため、パッキンやスピンドルが劣化するスピードが他の水栓と比較しても遅く、寿命が長めといった特徴があります。

20年以上、洗濯場の水栓を交換していないという方もいらっしゃるかもしれませんが、一度の放水量が多い洗濯機用の水栓は給水管との接続部分やシールテープが劣化してしまっている可能性があります。

蛇口に不具合が起きてから交換すると、水漏れなど多大な被害が出てしまう危険性があるため、トラブルが起きる前に交換するようにしましょう。

緊急止水弁付きの蛇口に交換したい時

洗濯機の蛇口は常にハンドルが全開であるため、万が一給水ホースが外れてしまったら水が勢いよく噴出してしまうリスクがあります。

しかし、緊急止水弁付きの蛇口なら給水ホースが外れてしまった時に自動的に水が止まるため安心して使うことができます。

地震などの災害があった場合や、外出時に洗濯機の脱水不良で激しく振動してしまったときにも水が噴出すリスクがありません。
災害などのリスクに備えたい場合には、緊急止水弁付きの洗濯水栓に交換しておきましょう。

蛇口を目立たなくしたい時

単水栓の蛇口にどんなイメージを持っていますか?

ほとんどの方は、学校や公園などについているシンプルで無骨なイメージの蛇口を想像するかと思います。

しかし、最近では単水栓でありながらもオシャレなものや、洗濯機用として目立たずインテリアの邪魔にならないようなスマートな単水栓も多く販売されています。

そういった見た目の理由で交換を検討する方も多くいらっしゃいます。

またドラム式洗濯機が蛇口に干渉してしまうようなときに、壁ピタ水栓に交換することで問題なく設置できることもあります。
ご自宅の状況に合った洗濯水栓を探してみてください。

パーツ交換などの修理のみで対応できる症状

パーツ交換などの修理のみで対応できる症状

洗濯水栓に水漏れが生じている場合、蛇口を交換しなくてもパーツ交換のみで修理対応できるケースもあります。

「パッキンからの水漏れ」「水栓本体からの水漏れ」「壁の隙間からの水漏れ」この3つの場合には、部品の交換をおこなったり調整を行うことで対応できる可能性があります。

それぞれご説明します。

パッキンからの水漏れ

洗濯機の給水ホースを蛇口に取り付けるときによくある4つのネジで締め付けるようになっています。

この部分から水漏れしている場合には、ネジの下のニップル本体部分を締め付けて調整します。

ネジを締めすぎたり、平均的にネジを締めていなかったりすると斜めになってしまって水漏れしてしまうことがあります。

また給水ホースを取り付けるときに、カチッと音がするまではめ込んでから回さなければ水漏れが生じてしまうタイプもあります。

スパウト本体が変形していたり、ネジ山部分が潰れて調整することができない場合には、ホームセンターなどで新しいニップルを購入して交換しましょう。

これらの方法でも対処できない場合には、屋外に洗濯機を置いているせいで蛇口が凍結して破損している可能性もあります。

原因が分からない時には水道修理業者に依頼して対応してもらうようにしましょう。

水栓本体からの水漏れ

蛇口のハンドルの付け根部分や本体と吐水口の接続部分、ハンドルからの水漏れはナットが緩んでしまっているか、パッキンが劣化している可能性が考えられます。

ナットの緩みは再び締め直すことで対応し、部品交換が必要な場合には新しい部品に交換します。

スピンドルが傷んでしまっている場合には水栓本体の寿命を迎えていることも多いため、水栓保体の交換を行うようにしましょう。

壁の隙間からの水漏れ

蛇口と壁の隙間から水漏れしてくることがあります。

この場合は、蛇口の接続部分で水漏れ防止の役割を担っているシールテープが劣化している可能性が高くなります。

新しいシールテープを巻き付けて交換すると水漏れの症状は改善されることが多いです。

洗濯水栓を交換した方のツイートや感想

水道業者に洗濯機の水栓交換を依頼する場合の費用相場

水道業者に洗濯機の水栓交換を依頼する場合の費用相場

洗濯機の給水を行うための単水栓の取り付けを、水道業者に依頼する場合にはおおよそ8,000円~10,000円前後が費用の目安です。

これに単水栓本体の費用が加算されるため、シンプルでリーズナブルな単水栓を選べばより安く取付けしてもらえます。

あくまで費用相場の目安なので、単水栓の種類や作業内容、出張費などで価格は変動するため注意しましょう。

水道業者に依頼して洗濯機の水栓を交換してもらうには、まず実際に無料見積もりを行ってもらいましょう

どのくらいの費用が必要で、どのような作業内容が発生するのか?ということをしっかりと把握してから依頼しましょう。

洗濯機の蛇口の種類

洗濯機の蛇口の種類

洗濯機の蛇口として使われる蛇口の種類は「万能ホーム水栓」「洗濯機用ワンタッチ水栓」「洗濯機用ストッパー付き水栓」の3つです。
さらにお湯が出るようにする混合栓タイプもあります。

これらの特徴についてご紹介します。

万能ホーム水栓

以前は、洗濯機用の水栓として圧倒的なシェアを誇っていたシンプルな単水栓です。

もっとも一般的な蛇口で、万能ホーム水栓のスパウトと給水ホースの間にニップルと呼ばれるアダプターを取り付けて使用します。

4つネジのニップルは取り付けに手間がかかり、ネジで締め付けるという特徴から緩んでしまったりうまく取り付けができていないと水漏れが発生してしまう恐れもあります。

洗濯機用ワンタッチ水栓

近年の洗濯機用水栓の主流となっているのが洗濯機用ストッパー付き水栓です。ワンタッチ水栓は給水ホースの取り付けがとても簡単です。

逆止弁などはついていないため、万が一給水ホースが外れてしまうと水漏れを起こしてしまう可能性があります。

洗濯機用ストッパー付き水栓

洗濯機用ストッパー付き水栓も近年の洗濯機水栓の主流となっているタイプの蛇口です。

水が出る部分に自動で水が止まるためのストッパーが付いているため、給水ホースが外れたときも安心です。

洗濯機の水栓交換に関するよくある質問

洗濯機の水栓交換に関するよくある質問

以下では、洗濯機用の水栓交換に関するよくある質問についてご紹介します。

蛇口の交換なんて人生の中で何度も行う作業ではないので不安に思うことや疑問に思うことも多いですよね

他の方がどのようなことを疑問に感じているのか、ということを知っておけば安心です。

洗濯機の水栓の値段はいくらくらい?

洗濯機用の水栓は種類によって値段が異なりますが、どれもそんなに高いものではありません。

緊急止水弁が内蔵されている洗濯機用ストッパー付き水栓でも3,000円前後で購入することができます。

シンプルなタイプは1,000円前後で購入することができるので、10年使い続けるということを考えたら安全性のためにも逆止弁付きのものを選ぶようにしたいところです。

水栓の種類が変わってもこの記事で紹介した取り付け方法で設置可能です。

洗濯機の蛇口はどこのメーカーがオススメ?

洗濯機の蛇口はさまざまなメーカーが販売していますが、もっともポピュラーなのは水栓部品メーカーとして人気のカクダイがおすすめです。

リーズナブルで性能が高いものも多く、品質の高さが特徴であるため迷った時にはカクダイを選んでおけば間違いありません。

TOTOなども品質が高いですが、カクダイと比較すると比較的高価だという特徴があります。

賃貸の洗濯用水栓の交換はどうすればいい?

賃貸の洗濯機用水栓は自分で交換することは基本的にできません。

貸主が費用を負担して交換するのが一般的であるため、まずは大家さんや管理会社に連絡して不具合を起こしていることを伝えましょう。

自分で水栓交換するのは難しい?

洗濯機の水栓を自分で交換するのは、正しい知識と手順を知っていれば難しいことではありません

新しい蛇口にシールテープを巻いて、古い蛇口を取り外して新しい蛇口に取り替えるという流れを行うだけなので、初めての方でも1時間弱で交換することが可能でしょう。

しかし、丁寧に作業を行わなければ水漏れが生じてしまう可能性があるため、少しでも不安に感じている方は水道修理業者に蛇口の交換を依頼するようにしましょう。

水道業者選びのコツは?

水道修理業者を選ぶときには、きちんと安心して任せることのできる水道業者を選ばなければなりません

工事費用に定価が存在しないため、悪質な水道業者も数多く存在しています。
見積もりを行うときに現地調査も行わずに、ただ安い費用を提示してくる場合には工事後に高額請求される危険性があります。

そうならないためにも水道業者を選ぶときには水道局指定業者を選ぶようにしましょう。

各自治体の水道局や管理者が正しい対処を行ってくれると判断した優良業者なので安心して任せることができるでしょう。

水道修理比較&レビューからなら、複数の水道修理業者へまとめて見積依頼が可能です。

まとめ

まとめ

この記事では洗濯機の水栓交換を自分で行う方法や、水道業者に依頼した場合の費用相場についてご紹介しました。

自分で蛇口を取り付ける場合には。丁寧に作業を行わなければ水漏れが起きてしまうこともあるため注意しなければなりません。

洗濯機の蛇口は取り付けてから10年以上使い続けるものなので、もしも自分で交換するのが不安な場合には水道業者に依頼して確実な作業を行ってもらうようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次