お風呂の修理はどこに頼めばいい?修理業者の選び方と費用の目安

お風呂の修理はどこに頼めばいい?修理業者の選び方と費用の目安

お風呂の水トラブルが起きた時「今すぐ直したい!」「早く直したい!」と思いますよね。
でも「お風呂の修理をどこに頼めばいいかわからない」といった方も多くいらっしゃると思います。
本記事では、お風呂の修理業者探しに不安がある方へ向けて「元水道屋が教える失敗しない水道修理業者選びの方法」について紹介します。
浴室水栓の修理、お風呂の排水詰まり、エプロンの不具合、換気扇のトラブルや鏡の修理などお風呂の修理ができる業者の選び方費用の目安を解説します。

この記事を読んで欲しい人
  1. 今すぐ浴室、お風呂のトラブルを修理したい
  2. お風呂の水漏れや詰まりのトラブルを修理できる業者を探している
  3. お風呂で起きる水のトラブルにはどんなものがあるか知りたい
  4. 水道修理業者を選ぶ際の選び方やポイントについて知りたい
  5. 業者に依頼した際のお風呂の費用相場を知りたい
目次

安心して頼めるお風呂の修理業者の選び方

安心して頼めるお風呂の修理業者の選び方

お風呂の水漏れや詰まりのトラブルが起きたときには、一刻も早く修理したいですよね。
ですが安心して頼める水道修理業者を見つけなければ、すぐに修理することもできません。
もしもの水のトラブルに備えて、ここからは安心して頼める修理業者の選び方について紹介していきます。

水道局指定工事店か確認する

水道修理業者は大きく2つの種類に分けられます。
水道局指定工事店の認可を受けている業者受けていない業者です。

水道局では悪徳業者や詐欺業者を防ぐために、一定の条件や基準を設けています。
この条件や基準の1つが「水道局指定工事店」です。
水道局指定工事店の認可を受けると水道局より「水道局の指定工事店番号」を割り振られます。

この認可や指定工事店番号を持っている業者は、各水道局のwebサイトで確認することができます。

水道修理業者を探す際は、「最寄りの水道局のwebサイトで業者を探す」か「修理業者のwebサイトで認可を受けているかを確認する」などの方法で水道局指定工事店に依頼するようにしましょう。

ちなみに水道修理比較&レビューでは水道局指定工事店の水道業者のみを掲載しています。

あわせて読みたい
急な水漏れや排水詰まり水のトラブルどこに頼めばいい?|まとめて見積・比較 【おすすめの水道工事業者ランキング一覧】 水道修理業者の選び方に困ったら、『水道修理の比較&レビュー』が紹介する水道工事業者ランキングを参考にしてください。 ...

認可を受けている業者は、下手なことをして認可の取り消しなることがないように訪問修理をしてくれます。
もし何かクレームがあれば水道局へ報告することもできます。

逆に認可がない業者は「水道修理業者としての条件や基準を満たしていない」「実績がない」などが考えられるので避けるようにしてください。

会社概要や所在地を確認する

水道修理業者を探す際は、ネットで調べる方が多いと思います。
皆さん金額や作業手順などはよく確認されますが、他にも見て欲しいポイントがあります。
それはホームページ内に記載されている会社概要です。

ホームページは誰でも作ることができます。
なので優良な修理業者も悪徳業者もホームページで集客活動をメインに行っています。
ここからが重要なんですが、悪徳業者は素性がばれるのを嫌うので会社概要をきちんと作っていないことが多いです。
具体的には「代表者名、会社の所在地、連絡先」などです。
特に会社の所在地が本当に存在しているか、Googleマップで確認してみてください。
ストリートビューで会社所在地の画像を見て見たら「普通のマンションだった」「空き地だった」なんてことがあるかもしれません。

この会社概要があるかないかを確認するととで、悪徳業者に騙される確率を下げることができるので必ずチェックしてください。

他の人の口コミや評判を確認する

水道修理業者を見分ける際に効果的なのが「実際にサービスを利用した人の感想や口コミ」です。
良い業者か悪い業者かどうかは、利用した人に聞くのが一番です。
なのでできるだけ、利用者の生の声が記載されているものを参考にしましょう。

ここでオススメしたいのがSNSです。
SNSは一般の人が気軽に感想や思いを書き込めるツールなので、生の声を調べるには最適です。
「Twitter」「Instagram」「Facebook」などでお風呂の修理業者について調べてみましょう。
あまりに悪いコメントが多い水道修理業者は避けたほうがいいでしょう。

作業前に検討する時間を与えてくれる

作業員が自宅に訪問すると、どの水道修理業もまずは見積もりを提示してきます。
その際に利用者のことを考えていない水道修理業は、その日のうちに早く作業に入りたいので「すぐ決めて欲しい」としつこく迫ってきます。
1度や2度くらいなら分かりますが、何度もしつこく作業を迫ってくるのは不信感がわきますよね。

「家族と相談したい」「他の業者も見てみたい」など人それぞれ希望はあるはずなので、考える時間が欲しいとハッキリと伝えましょう。

優良業者や普通の業者なら、必ず検討する時間をくれます。
再度訪問するとなると「時間」「駐車場代」「ガソリン代」などが余分にかかりますが、あとでキャンセルやクレームになることの方がリスクが高いと分かっているからです。

このような理由から「作業前に検討する時間をくれるかどうか」も重要な判断基準ですので覚えておきましょう。

今後の事も考えて提案してくれる

訪問した作業員からの提案も、業者を見極めるポイントの1つです。

目先のことだけでなく、先々のリスクも考えて提案してくれるなら「顧客の目線に立って考えてくれる業者」ということなので信頼できます。

たしかに目先のトラブルを直すだけなら少額に抑えられるので、一見良い業者だと思うかもしれません。
ですが目先のトラブルを直しただけで、根本的な問題の解決には至っていないので、再度同じ水のトラブルが起きるかもしれません。
それどころかお風呂のトラブルが更に悪化することも考えられます。
水のトラブルが何度も再発したり悪化したりすると、結果的に修理費用が増えることになります。

優良な業者なら「様々なリスクの説明」や「顧客の目線に立って」提案をしてくれるはずです。

費用面でも抑えておくべき修理業者の注意点

費用面でも抑えておくべき修理業者の注意点

お風呂の修理業者を選ぶ際に、修理費用を気にするのは当然です。
ぼったくり被害に合わない為に知っていて欲しいのですが、修理費用に関しても注意点があります。
悪徳業者の手口を抑えて、お風呂の修理業者選びを進めましょう。

見積にキチンと詳細な項目が記載されている

お風呂の修理業者が訪問すると水のトラブルの状況を確認した後に、必要な作業の内容や金額を記載した見積もりを提示されます。
この提示される見積もりにも修理業者を見分けるポイントがあります。

どのような作業をするにしても「工賃(工具の使用費)」「技術料(施工内容ごとの費用)」「部品代(修理部材の費用)」とさまざまな項目があります。
まっとうな業者であれば細かく記載されています。
見積書は明細書でもありますから。
もし渡された見積もりに、詳細な項目が記載されていない場合は注意が必要です。

例えば
【修理費用:2万円】【出張費:5千円】
だけの見積りなんかの場合は、絶対に依頼しないようにしてください。

「どの作業にいくら掛かるのか?」「この部品はいくらなのか?」などがわからないので、後からトラブルになった場合に言い訳を繰り返す恐れがあります。
また行った作業が相場より高いのか安いのかも客観的に判断できなくなります。
見積もりの記載が雑な業者は、作業内容の説明なども雑なことが多いので注意が必要です。

見積もりは相場を調べたり、他社と比較する際にも必要なので雑な書き方をしている修理業者は避けましょう。

広告やホームページに安すぎる表記がない

集客のために広告やホームページに「格安」「最安」記載だったり「数百円~」などの記載がある水道修理業には注意しましょう。
これはいわゆる「おとり広告」です。
そもそも人件費も掛かる訪問修理で数百円で修理でできるわけがありません
ボランティアで水道修理を行っているのなら別ですが・・。

金額の安さで顧客を引き寄せて、追加作業で修理費用を高額にする悪徳業者がいます。
もちろんしっかりと説明や営業活動をおこなっている修理業者もいますが、悪徳な業者もいるので格安を売りにしている水道修理業者は避けるのが無難です。

もしそういった安い金額の業者を見てみたいなら、複数の業者に相見積もりを依頼し必ず比較するようにしてください。
比較してお風呂の修理業者を決めれば、悪徳な業者に当たる確率も下げることができます。

電子決済やクレジットカードが使える

支払い方法が現金以外にも複数あるのは安心できる水道修理業者のポイントです。
修理業者としては現金で支払ってもらえるほうが確実で、手数料なども掛からいなので現金で回収したがります。
ですが顧客としては「手持ちがなかったり」「後払いにしたい」「ポイントの溜まるカードで払いたい」など希望があるはずです。

支払い方法が「振込」や「クレジットカード」、最近なら「電子決済」などを取り揃えている水道修理業者は「顧客の事を考えてくれている業者」ということになるので信頼できます。
どうしても振込などの後払いは、修理業者側で入金確認などをしないといけないので手間が掛かり面倒ですからね。

またクレジットカードや電子決済を導入する際には、水道修理業者側も審査を受けます
第三者からの審査を受けている業者にもなるので、安心感は増しますね。

お風呂の水漏れ修理事例と費用相場

お風呂の水漏れ修理事例と費用相場
お風呂の水漏れトラブルには様々な事例があります。
修理の依頼時の参考になるように、詳しく紹介しますので確認してください。

蛇口の修理

お風呂の蛇口の修理が必要な場合は以下の通りです。

お風呂の水栓のトラブル

蛇口の水が止まらない

ハンドルの不具合(固い、空回りする)

お湯が出ない

ポタポタ水漏れする

温度調整のレバーが回らない

上記のような症状の場合、蛇口の「パッキンの劣化」や「部品の劣化」が考えられます。
蛇口を分解し、パッキンやナットなどの部品を交換すれば修理可能です。

蛇口の修理を水道修理業者に依頼した場合の費用は「5000~30000円程」です。
蛇口の種類や壊れている箇所・部品によって作業費用が変わります。

10年以上前の古い蛇口などは交換用の部品が製造されていなかったり、他の部分の劣化も考えられるのでジャグと本体の交換を勧められることもあります。

シャワーの修理

お風呂のシャワーヘッドやシャワーホースで修理が必要な場合は以下の通りです。

お風呂のシャワーのトラブル

シャワーヘッドから水漏れする

シャワーホースがボロボロ
シャワーの水圧が弱い(強くしたい)
シャワーホースが取れた

上記のような場合、シャワーの「接続部分などのパッキンの劣化」や「シャワーホースの劣化」などが考えられます。

シャワーの修理を水道修理業者に依頼した場合の費用は「3000~10000円程」です。
シャワーの修理や壊れている箇所・部品によって作業費用が変わります。

シャワーヘッドやシャワーホースの部品劣化や破損などは交換することをおすすめします。
シャワーヘッドもシャワーホースも特殊な物を選ばなければ、そこまで高くないことが多いです。
それに劣化や破損が起きているなら、一部を補修しても別の箇所でまた不具合が起きる可能性が高いです。

今後のことを考えるなら蛇口とシャワーを交換することも1つの手です。

浴槽の水漏れ修理

浴槽も経年劣化によりトラブルが発生します。

浴槽のトラブル

浴槽が割れた(ヒビが入った)
エプロンが取れた
汚れが落ちない

浴槽の修理が必要な場合は「ヒビや亀裂などが入っている」「黒ずみや汚れが落ちない」場合は修理が必要です。
ヒビや汚れが落ちない場合は塗装をおこない補修していきます。

浴槽の修理を水道修理業者に依頼した場合の費用は「80000~170000円程」です。
費用にこれだけ差があるのは浴槽の材質による作業の違いがあるためです。
特に金属製の「ホーロー素材」「ステンレス素材」の浴槽の修理費用は高額になります。

修理費用が気になる方は自宅の浴槽の素材を確認してみましょう。

浴室の壁内部や床下の水漏れの修理

浴室の壁内部や床下からの水漏れで修理が必要な場合は以下の通りです。

浴室の壁内や床下のトラブル

壁や床下から水が流れる音が止まらない
壁や床下から水が滲み出てくる
壁や床にシミがある

上記のような場合、「壁や床の中を通っている配管から水漏れが起きている」「上の階からの水漏れ」などが考えられます。

基本的には点検口から内部の状況を確認し、破損個所を修理する。
もしくは壁や床の一部をくりぬき、破損箇所を修理することになります。

浴室の壁内部や塚下からの水漏れを水道修理業者に依頼した場合の費用は「80000~300000円程」です。

「被害の状況」や「壁や床を壊すかどうか」によって費用が変動します。
点検口から確認できる場合は壁や床を壊す必要はありませんが、点検口がない場合は一部か広範囲を壊さないといけません。
もちろん壊した部分の壁や床を元に戻す費用も掛かります。

また被害がひどい場合は配管の修理と壁や床の交換が必要になるので費用が掛かります。

お風呂のつまり修理事例と費用相場

お風呂のつまり修理事例と費用相場
お風呂のつまり修理は使用する工具や機材による修理で費用が大きく変わります。
つまりのそれぞれの修理内容ごとに費用相場を紹介します。

 

ローポンプ作業 真空式パイプクリーナー

ローポンプは吸引する圧力の力でつまりの原因を除去する工具です。
ちなみに家庭用のローポンプがあり、「真空式パイプクリーナー」という商品名で販売されています。

ローポンプ作業の費用相場は「15000~30000円程」です。

 

トーラー作業

トーラーは先端にブラシがついたワイヤーで、つまりを削り取るための工具です。
ちなみに業者が使うトーラーとは別に家庭用に「ワイヤーブラシ」という道具もあります。
ワイヤーブラシは安価で購入できますが、業者が使うトーラーとは違い簡易な作りなので頑固なつまりだと削ることが難しい場合があります。

トーラー作業の費用相場は「10000円~25000円程」です。

 

高圧洗浄

高圧洗浄は水を加圧し、高圧力の水を噴射することで排水管の汚れを洗い流す工具です。
高圧洗浄を使えば排水管内をくまなく洗浄できます。

高圧洗浄機を使用した作業は「30000円~60000円程」です。

お風呂の部品交換を業者に依頼したときの費用相場

お風呂の部品交換を業者に依頼したときの費用相場

 お風呂の部品や設備の交換は様々な事例があります。
お風呂の交換作業について、部品や設備ごとの費用相場を紹介します。

 

蛇口の交換

お風呂の蛇口の水漏れトラブルが起きた時や、蛇口の使用年数が10年以上の場合は蛇口本体の交換を検討するのも良いでしょう。

一般的な蛇口の寿命は「10~15年」といわれているので、10年以上使用している蛇口はいつ不具合が起きても不思議ではありません。
また年数の経過している蛇口は、部品の製造が終了していることもあります。
蛇口で不具合が起きたり、古い蛇口の場合は本体交換も視野に入れて対処しましょう。

水道修理業者に蛇口交換を依頼した場合の費用相場は「20000~70000円程」です。
交換する蛇口によって費用に差がでるので注意しましょう。

 

シャワーヘッド・ホースの交換

シャワーヘッド・シャワーホースの水漏れや破損がある場合は交換する方が良いでしょう。
商品によっては安価で購入できますし、そこまで作業時間も掛かりません。

水道修理業者にシャワーヘッド・シャワーホースの交換を依頼した場合の費用相場は「10000~45000円程」です。

 

浴槽の交換

浴槽の汚れやヒビがある場合は塗装での修理か浴槽の交換作業が必要になります。
浴槽自体が高額なのでどのタイプを選ぶかによって費用は大きく変わります。

水道修理業者に浴槽の交換を依頼した場合の費用相場は「80000円~600000円程」です。

 

鏡の交換

お風呂の鏡の破損や汚れ、デザインを変更したいなどの場合は鏡を交換することを検討しましょう。
最近では様々な材質や機能性が高い鏡が販売されているので、自分の希望に沿ったものを業者と相談しながら決めていきましょう。

水道修理業者に鏡の交換を依頼した場合の費用相場は「15000円~50000円程」です。

 

給湯器の交換

給湯機の交換が必要なケースは以下の通りです。

給湯器の交換が必要な症状

給湯機からの水漏れ
お湯が出ない
お湯の温度が安定しない
給湯機から変な音がする

給湯機で上記のトラブルが起きている場合は、給湯機の故障が考えられます。
給湯機は一般的に10~15年が寿命だと言われているので、長い期間使用しているなら注意が必要です。
放置すると突然お湯が使えなくなるので、異変に気づいたら早めに対処しましょう。

水道修理業者に給湯機の交換を依頼した場合の費用相場は「80000円~300000円程」です。

給湯機の規格や性能で大きく差が出るので、業者からそれぞれの給湯機の特徴を聞き決めていきましょう。

 

お風呂場の壁・床・天井の交換・修理

 

お風呂の壁・床・天井でカビが生えていたり、ヒビや破損が目立つ場合はそれぞれの張り替え・交換作業が必要です。
材質にもよりますが、壁・床・天井は「20~30年」が耐用年数と言われています。
長く使用されている場合は、不具合が起きることも視野に入れて張り替え・交換作業を検討しましょう。

壁・床・天井のリフォームを水道修理業者に依頼した場合の費用相場は以下の通りです。

・壁のリフォームは80000~200000円程
・床のリフォームは50000~150000円程
・天井のリフォームは50000~100000円程

 

換気扇の交換

お風呂の換気扇で電源を入れても動かない・換気されない、変な音がなっているなどの場合は交換が必要です。
換気扇の寿命は10~15年と言われているので、年数が経過しているなら不具合が起きていなくても交換を検討するべきです。

換気扇の交換を水道修理業者に依頼した場合の費用相場は「40000~70000円程」です。
ですが電気系統や配線の不具合、浴室暖房乾燥機への変更などの場合は費用がかなり高くなります。
300000円以上の大がかりな工事が必要になるので注意しましょう。

 

ドアの交換【水道業者には難しい場合も!】

浴室のドアでうまく開閉できない、破損や汚れがある場合は交換する必要があります。

ドアの交換を水道修理業者に依頼した場合の費用相場は「50000~100000円程」です。

浴室のドアのタイプ(開き戸、引き戸、折れ戸)や材質などで費用に差が出るので、ドアのタイプや材質などしっかり確認しましょう。

※水道修理業者はドアの交換が難しい場合があります。
特殊なドアやドアを設置する場所の歪みなどがあると対応できないことがあるからです。
確実に交換したいとお考えなら「ドア専門の修理業者」や「設備屋・建具屋」に相談するのも1つの手です。

修理や交換と併せてお風呂のリフォームも検討しよう

修理や交換と併せてお風呂のリフォームも検討しよう

 部分的な修理や交換でトラブルを解決するのもいいですが、お風呂のリフォームという選択肢もあります。
ここからお風呂のリフォームをおこなうとどんなメリットがあるのかについて、細かく解説していきます。

 

浴室は年々進化している

浴室は毎日使う場所なので機能性やこだわりを持つ人が増えてきています。
1日の疲れや仕事の疲れを癒す為の機能や、美容に効果を発揮する機能など進化を続けています。

長く使っていたり、汚れや破損が目立ってきたときには部分的な修理や交換で済ませることもできます。
ですが最新の機能を盛り込んだお風呂にリフォームされる方も増えています。

どうせ修理・交換をされるなら、快適なお風呂へリフォームし生活の質を上げることも1つの選択肢です。

 

美容にこだわるならミストサウナ機能は必須

ミストサウナとは一般的なサウナと違い、低温・高湿度の環境を作る湿式サウナの1つです。
ミストサウナは40度前後の低温に設定されているので、髪や肌などへの刺激が少なく息苦しさもありません。
体への負担が少なく、じっくり体を温めることができます。

またミストサウナは美容にも効果的です。
ミストサウナは低温・高湿度なので髪や肌への刺激が少ない状態で汗をたっぷりかけるので、頭皮・肌の汚れも落ちやすくなり美容面でも効果があります。

なによりもサウナは気分のリフレッシュにも最適なので、リフォームの際にミストサウナを検討される方が増えています。

 

疲れを癒すなら肩湯の機能がおすすめ

肩湯とは入浴時に浴槽の肩辺りの位置から温かいお湯が流れてくる機能のことで、首回りを直接温めることができます。

肩湯機能があれば、首を直接温めるので首や肩の血行がよくなり首こり・肩こりの症状を緩和することができます。
また半身浴をしている際も、肩湯を使えば上半身の冷えを抑えることができます。

リラックス効果や疲労回復効果が高い肩湯は、疲れを癒したい方にはおすすめなので検討してみてください。

diyでお風呂の水まわりトラブルを修理するのは可能なの?

diyでお風呂の修理ができるかどうかについては皆さん気になりますよね。
diyで出来れば業者に依頼するよりも費用をかなり抑えることができます。

もちろん自分で出来る作業もあります。
自分で出来る作業は以下の通りです。

自分でできるお風呂の修理

蛇口の部品交換
蛇口の交換
シャワーヘッドとシャワーホースの交換
スッポン(ラバーカップ)でのつまり除去
薬剤(パイプクリーナーやピーピースルーなど)を使ったつまり除去

上記の作業は自分でできるので是非試してみて下さい。
どの作業もそこまで特別な工具や作業でもないので、安く自分で修理してみましょう。
ですが上記の内容以外のトラブルは水道修理業者に依頼する方が良いです。

業者に依頼した方がいい理由は色々とあります。

水道修理業者に依頼したほうがいい理由

鏡や浴槽など商品の運搬や移動が大変
既存の設備の撤去が大変
工具が必要
作業に専門知識や技術が必要
施工不良のリスクが高い

他にも理由はありますが、上記の5つが主な課題になってくるでしょう。

大型の設備の交換作業には、設備が大きいので手間が掛かります。
また現在取り付けられている設備も外して、廃棄処分しないといけないので一苦労です。

自分でできる作業以外の部品や設備自体の交換、頑固なつまり除去などは水道修理業者が使う特殊な工具が必要です。
工具自体の値段が高かったり、使用するのに技術や経験が必要な物が多いのが現実です。
無理に自分で作業するより、専門業者に依頼した方が得策です。

さらに何より怖いのが作業後の不具合です。
作業後に施工ミスで水漏れしていたり、作業中に気づかぬうちに他の設備を破損させたりなど様々なリスクがあります。
何かしらの施工不良が起きていて、気づかずに放置すると危険ですし、家の基礎部分に影響を及ぼすこともあります。

こういった様々なリスクがあるので、上でお伝えした「自分で作業できるトラブル」以外は業者に任せましょう。

急ぎのお風呂のトラブルでもなるべく何社か見積もりを取る!

急ぎのお風呂のトラブルでもなるべく何社か見積もりを取る!

お風呂のトラブルも他の水回りトラブルも突然起こります。
水のトラブルのせいでパニックになり、1社だけの見積もりで焦って工事を依頼する方が本当に多いです。
もちろん見積もりに来た業者の見積もりや作業担当が良ければ、全く問題ないです。

ですが何か違和感があったり、納得いかない部分があるなら他の業者も見るべきです。
最低でも2~3社は見積もりを取ってほしいです。

複数の業者から見積もりや作業内容の説明を聞けば比較ができるので、作業費用の面でもお得です。
また自分の考えや価値観にあった業者を見つけられる確率も上がるので、悪徳業者の被害を受ける確率も下がります。

何社も依頼して対応するのは手間ですし、疲れますが自分が公開しないためにも必要なことです。
水のトラブルが起きた際は、複数の見積もりを取ることを徹底してください。

こちらから複数の水道修理業者に一括見積を依頼できます。
ぜひ活用して下さい。

Twitterのお風呂の修理業者についてのクチコミ

Twitterのお風呂の修理業者についてのクチコミ

お風呂の修理はどこに頼めばいい?修理業者の選び方と費用の目安|まとめ


今回は、お風呂の修理業者について紹介しました。
結論としては「水道修理業者選びのポイントや注意点を抑える」「作業内容と費用相場の知識を踏まえて修理業者を選ぶ」ということです。
また必ず事前見積をしてくれる会社を選びましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次