水のトラブルが起きたらすぐにやるべきこと3選|被害は最小限に抑えよう

水のトラブルが起きたらすぐにやるべきこと!3つの対処法とは?

水のトラブルが急に起きてしまうと、突然すぎてなにをしていいかわからなくなってしまうことがあります。

水が止まらない!』『トイレが詰まって流れない!』『水があふれてきた』なんてことが起きると、どこに連絡すればいいのかもわからないと思います。

このような水のトラブルはどこの家庭でも起きてしまうものなので、まずは落ち着いて対処するようにしましょう。

この記事では「水のトラブルが起きたら、一体なにからしたらいいの?」と思っているあなたのために、緊急時の水のトラブルの対処法についてご紹介します。

この記事を読んでわかること

水のトラブルが起きたらすべきこと

水道修理業者の選び方

この記事を読めばしっかりと理解することができるのでぜひ最後までご覧ください。

この記事を読んで欲しい人
  1. 水漏れしている
  2. 何からしたらいいのか分からない
  3. 水漏れの対処法を知りたい
  4. 業者の選び方が分からない
  5. 水漏れの費用相場を知りたい
目次

水のトラブルが発生したらまず止水栓か元栓を閉める

水のトラブルが発生したらまず止水栓か元栓を閉める
水のトラブルの中で「蛇口の水がとらない」時など、水漏れ時には止水栓もしくは水道の元栓を閉めることで応急処置が可能です。

水のトラブルの原因や対処法をネットで先に調べてしまいがちですが、そのまま放っておくと水漏れ被害が大きくなるのでまずは水を止めてから状況確認を行うようにしましょう。

水漏れだけでなく詰まりなどを修理するときにも、止水栓や元栓を閉めてから作業を行ほうが安心です。

また、止水栓を閉めて水漏れが止まる事で落ち着いて対応を考える事もできます。

水のトラブルが生じている水道設備ごとに止水栓が付いていれば、その止水栓を閉めれば他の水道を使うこともできます。

止水栓のある場所は「トイレはタンクまわりの給水管」「洗面所やキッチンはシンク下」「お風呂の蛇口は水栓本体」に止水栓が設置されていることがほとんどです。

水まわりのお役立ちコラム|水の救...
止水栓はどこにある?見つけ方と閉める方法|自分でできる応急処置 「蛇口の水が止まらない」「トイレが流れっぱなし」「水が噴き出している」などの水のトラブル時に応急処置ができるようにしておきましょう。 水漏れトラブル時は止水栓を...

 

こちらでも分かりやすく紹介されていました。

水栓の種類によっても異なりますが『止水栓を閉めることができない』『水漏れの原因箇所の特定が難しい壁や床下などの配管が引き起こす水のトラブル』の場合には水道の元栓を閉めるようにしましょう。

止水栓は戸建ての場合、玄関から道路までの間の地面にあります。

マンションは玄関横などのパイプスペースアパートは駐車場付近やポスト付近などにまとめて設置されています。

水道メーターの場所がわからない場合にはすぐに管理会社に連絡して確認しましょう。

水のトラブルが生じる場所と特徴

水のトラブルが生じる場所と特徴
家の中で水を使う水道設備は浴室・トイレ・台所・洗面所・洗濯場など多くあります。

それぞれどのような水のトラブルが起きているのかをまず確認してみましょう。

場所や症状によってトラブルの対処法は違ってくるので、適切に対処することが大切です。

以下では水のトラブルが生じやすい場所と特徴についてご紹介します。

トイレ

トイレは使用頻度が高いため家の中でも水のトラブルがもっとも多い場所のひとつです。

水がチョロチョロと水漏れしてしまったり、つまりが起きて流れが悪かったりと様々な水のトラブルが発生します。

軽度のつまりなどであればラバーカップなどを使ってつまりを解消することができますが、水に溶けないつまりなどは原因そのものを除去しなければ根本的な解決にはなりません。

また、トイレタンク内部はいくつもの部品が連動して水を溜めたり流したりといった働きを担っています。

そのため、1つの部品が故障しただけで正常な働きができなくなってしまうという特徴があります。

キッチン・台所

キッチンは蛇口からの水漏れが生じやすく、放っておくとわずかな水漏れでも高額な水道料金を請求されてしまうリスクがあります。

キッチンに使われる水栓の主流であるシングルレバー混合水栓などは、レバーを上下に動かすことで止水と吐水を行い左右に動かしてお湯と水を切り替えます。

そのため他の水栓と比べても部品が劣化しやすく故障しやすいという特徴があります。

1本のレバーで直感的に利用することがでるのは便利ですが、そういったデメリットがあることも理解しておかねばなりません。

また、洗い物をしたときの油汚れや洗剤が排水管内部につまってしまう排水のトラブルなども生じる場所です。

浴室・お風呂

お風呂は蛇口やシャワーホースからの水漏れが生じやすい場所です。

壁などの接続部分からの水漏れなどは発見が遅れてしまう可能性も考えられます。

つまりの場合は、髪の毛や石鹸カスが固まって排水口に固着する場合や、排水管にこびりついて逆流してしまうといったトラブルが特徴です。

マンションなどで水圧が不足してシャワーの使い心地が悪かったり、給湯器の故障によってお湯がでないという水道トラブルが起こる可能性もあります。

洗面所

洗面所で引き起こされる水のトラブルはよくあるケースとして、排水がうまく流れずにつまってしまうというものがあります。

お風呂やキッチンなどと比較して掃除する頻度が低い洗面所ならではのトラブルです。

定期的にパイプクリーナーなどの薬液でつまりの原因である固着した髪の毛や石鹸カスなどを溶かして取り除くことで予防することができます。

水漏れなどが生じた場合には、蛇口のパッキンなどの部品を交換して対処します。

給水管

地震などの災害や老朽化によって給水管が破損してしまって水漏れが生じることがあります。

給水管が壁の中や床下などにある場合、水漏れに気付かずに大きなトラブルになってしまう危険性があるため要注意です。

目視できない箇所の水漏れは1、自宅のすべての止水栓を閉めて水道メーターのパイロットが回っていないかを確認します。

すべての止水栓を閉めているにも関わらず、パイロットがまわり続けている場合には給水管から水漏れしている可能性が高くなります。

業者に依頼して漏水調査を行ってもらい、水漏れ箇所の特定を行ってもらうようにしましょう。

排水管・排水口

給水管からの水漏れだけが水トラブルではありません。

お風呂やトイレ、洗面所やキッチンなどで流れた水は排水口から排水管を通って屋外へ送られます。

しかし排水管の内部にサビや汚れなどが付着してしまうと、つまりの原因となってしまい排水の流れを妨げてトラブルが引き起こされることもあります。

こういった場合には排水管を取り替えるなどの工事が必要になってくるため比較的大掛かりな作業になってしまいます。

水のトラブルに関する3つの悩みと対処方法

水のトラブルに関する3つの悩みと対処方法
よくある水のトラブルに関する悩みは「水漏れ」「つまり」「修理や部品交換」の3つです。

これらの対処法を知っておけば水のトラブルが生じてしまったときに自分で対応することができるようになります。

水漏れの対処方法

蛇口から水漏れしている場合には、パッキンなどの劣化が原因の可能性が高いです。

単水栓や、水とお湯をそれぞれ混ぜて温度調節する2ハンドル混合水栓などは比較的パッキンの交換が簡単にできるので、対応している部品をホームセンターなどで購入して交換しましょう。

浴室などのサーモスタット混合水栓などはパッキンではなくカートリッジが水漏れの原因である可能性があります。

カートリッジなどの部品は水栓の型番に合ったものを用意しなくてはならないため、水栓に貼られたシールなどで確認した上で購入しましょう。

ただ、サーモスタット混合水栓のカートリッジ交換は通常のパッキン交換と比べて難しいため不安な方は業者に依頼するのがおすすめです。

トイレからの水漏れは給水の役割を担うボールタップと呼ばれる部品や、タンク内に水をせき止めておくためのフロートバルブなどが原因の可能性があります。

トイレの水漏れは原因を特定するところから始めないといけないので、できれば水道修理業者へ点検を依頼しましょう。

あわせて読みたい
急な水漏れや排水詰まり水のトラブルどこに頼めばいい?|まとめて見積・比較 【おすすめの水道工事業者ランキング一覧】 水道修理業者の選び方に困ったら、『水道修理の比較&レビュー』が紹介する水道工事業者ランキングを参考にしてください。 ...

つまりの対処方法

排水がうまく行うことができずにつまってしまう場合には多くの場合「ラバーカップ」が効果的です。

一般的にスッポンという名称で呼ばれることが多い詰まり解消のための道具です。

トイレットペーパーなどの軽度のつまりであれば解消することができます。

使用方法は簡単で水の溜まった状態の排水口にラバー部分を押し付けて一気に引き抜くだけです。

何度か繰り返せば軽度のつまりなら解消することができます。

洗面所などで排水管に髪の毛などが詰まって排水することができない場合には、薬液タイプのパイプクリーナーなどで溶解させて対処することが可能です。

パイプクリーナーを選ぶときには、水酸化ナトリウム濃度が2%以上で粘性の高いものを選ぶとより効果的につまりの原因を除去することができます。

修理や部品交換を行う場合

水のトラブルが繰り返し生じてしまって、毎回対処するのに疲れてしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

一般的に蛇口などの水栓本体の寿命は10年と言われています。パッキンなどの摩耗部品は5年に1度は交換する必要があります。

部品だけ取り替えても、すぐに他の部品がダメになって同じような水のトラブルが生じてしまうことも多いため、水栓の修理だけではなく蛇口本体の交換も検討する必要があります。

水のトラブルは水道修理業者へ依頼するのがおすすめ

水のトラブルは水道修理業者へ依頼するのがおすすめ
毎日利用する水まわりの水栓設備は、使い方や使用頻度によって水漏れなどのトラブルが発生する確率が変わります。

もしも何か起きたときに自分で修理や部品交換をすることができたなら、安く済ませることができるだけでなく時間を選ばすいつでも対処することができるのでうれしいですよね。

比較的簡単に行うことができる水のトラブルは以下の3つです。

自分でもできる作業

パッキン交換

軽度のつまり

排水口が流れにくい

これらの水のトラブルは自分で対処することができます。

しかし、以下のような場合には自分で対処することは難しいです。

水道修理業者に依頼したほうが良い症状

トイレと床の接続部分からの水漏れ

トイレタンク下部からの水漏れ

排水管・給水管の修理交換

水栓本体の取り替え

給湯器の不具合

トイレと床の接続部分からジワジワと水漏れしているのは、ガスケットやフランジの劣化による場合が多いです。
トイレやタンク本体を取り外して作業を行う必要があるので、力仕事になり汚れも酷いので水道業者に任せましょう

作業手順が複雑で1度取り外してしまうと後戻りできない状況になってしまうため自分で交換するのはおすすめしません。

またタンクの下から水が漏れでてくるトラブルも同様で、タンクの取り外しが必要です。
万が一、陶器製のタンクを落として割ってしまったりでもしたら本体ごと交換しなくてはならないため注意しましょう。

給水管や排水管も、プロでなければ修理交換を行うことはできません。絶対に自分で修理しないようにしましょう。
知識もなく自分で作業すると、大きなトラブルに発展する可能性があります。

水栓本体は単水栓などのシンプルなものは自分で交換することができますが、浴室やキッチンなどで使うタイプの水栓は水道修理業者に依頼するようにしましょう。

10年以上使用することになるため、安心して使えるようにプロに依頼するのがもっともおすすめです。

しかし、実際に水道修理業者に依頼することになっても「どこに依頼すればいいの?」と迷ってしまいますよね。

水道修理業者の中には悪質なところも多く存在しているため、しっかりと見極めて選ばなくてはなりません。

以下では水のトラブルが起きてしまったときに頼むべき業者の選び方についてご紹介します。

水道修理業者のおすすめの選び方

水道修理業者を選ぶときにどのように選べばいいか判断するのは難しいですよね。

修理にかかる費用も業者によって違うため慎重に選ばなければ後悔してしまうことになります。

ネットだけを頼りに「ランキング1位」や「激安修理!」などと謳った業者に依頼した結果、多額の修理費用を取られてしまった…という被害も多いのが現状です。

水道修理業者を選ぶときには必ず以下の3つのポイントを押さえるようにしましょう。

水道局指定業者で選ぶ

水のトラブルが生じて業者を選ぶときには必ず「水道局指定業者」を選ぶようにしましょう。

水道局指定業者は、各自治体の水道局に登録されている指定給水装置主任技術者の資格を持った水道業者のことです。

法律・法令で定められた基準で適切に施工することが可能だと認められた業者が「水道局指定業者」と呼ばれています。

水漏れなどによって多額の水道料金が請求された場合には救済措置として「水道代の減免申請」を行うこともできます。

水道代の減免制度は様々な条件を満たすことで承認されますが、その条件の1つに「水道局指定業者によって修理工事を行っていること」というものがあります。

不測の事態に多額の水道料金を支払わなくても済むように必ず水道修理業者を選ぶときには水道局指定業者を選ぶようにしましょう。

口コミや評判で選ぶ

業者を選ぶ基準として重要なのが口コミや評判です。

ただこの時注意しなければならないのは、ランキングサイトなどの口コミや評判は全く参考にならないということです。

特定の業者に送客するためのステマであることがあるので選ぶ基準にはなりません。

公式サイトの口コミや評判についても同じで、手書きの口コミや評判などすべて筆跡が同じような悪質な業者もあります。

良い口コミだけでなく悪い口コミなどもしっかりと掲載しているような水道修理業者を選ぶようにしましょう。

Yahoo!知恵袋やTwitterなどで水道修理業者名を検索してみるとリアルな口コミを知ることができるのでおすすめです。

水道修理の比較&レビューでも口コミの投稿機能を実装していますので、ぜひ口コミを投稿して下さい。

各水道修理業者のぺージ内に設置してあります。

相見積もりで選ぶ

水道修理業者の中には工事前に格安料金だけ伝えて、実際に工事が終わったあとに多額の修理費用を請求する悪質なケースがあります。

そのため、水道修理業者を選ぶときには必ず見積もりを取ってから依頼するようにしなければなりません。

しかし、1社だけ見積もりを取っても本当にその業者が信頼できるところなのかということを判断することはできません。

必ず最低でも3社は相見積もりを取って、その中から選ぶようにしましょう。

相見積もりを取ってもらって比較するポイントは以下の3つです。

■総合費用
■対応の良し悪し
■アフターフォローの有無

見積もりを取ってもらうときには、必ずすべての項目を合算した金額で判断するようにしましょう。

基本料が無料でも他の項目が異常に高い場合もあります。基本料+技術料+部品代+処分料が一般的な工事料金になります。

見積り料金や出張費がかかってくることもありますが、トータルの費用で判断するようにしてください。

もうひとつポイントがあります。

それは「必ず依頼主の承諾を得てから作業する業者を選ぶ」ということです。

当たり前のことのように思いますが、悪徳業者は作業後に請求をしてきます。

見積りが安かったから頼んだのに、施工時に「ここも交換しなければならない」と本来必要のない料金まで請求されてしまうことがあります。

そういったトラブルを防ぐためにも見積り時の費用以上料金が発生しない、もしくは必ず依頼主の許可を得てから工事を行う業者を選ぶようにしましょう。

また、対応の良し悪しについてもしっかりと注目する必要があります。

電話対応は、見積もり時の愛想の良さや挨拶、マナーなどができていない業者は後々後悔してしまうことが多くあります。

せっかく依頼したのであれば気持ちよく対応してもらいたいですよね。第一印象が良い業者を選ぶのも大切なポイントです。

また、修理を実際に行ってもらって数日後に同じ箇所からトラブルが生じることがあります。

この場合にはアフターフォローがしっかりしている業者であれば、きちんと対応してもらうことができるので、アフターフォローの有無も重要なポイントです。

相見積もりを取るときのポイント

業者を選ぶときに複数社から見積もりを取ってもらうことを相見積もりと言いますが、ただ見積もりを依頼するだけでは正しく比較することはできません。

3つのことに注意して見積もりを行ってもらうようにしましょう。

相見積もりしていると伝える

複数社に見積もりを依頼しているときには、必ず相見積もりを取っていることを正直に伝えるようにしましょう。

そうすることでより真摯な対応をしてもらえるようになるだけでなく、場合によっては融通を聞いてもらうことができるかもしれません。

相見積もり自体は失礼なことではないので安心しましょう。ただ、値引きや無理な要望などは絶対にしてはいけません。

逆に相見積もりを嫌がる業者は選ばないようにしましょう。

同じ説明をする

水のトラブルが生じて見積もりを取ってもらう際に、業者ごとにニュアンスの違う説明をしてしまうと、どの水道修理業者が適切なのか正しい判断をすることが難しくなります。

1つの質問に対して「A社はこう答えたのにB社はこう答えた」と比較することが相見積もりの本来の目的なので、見積もり時には必ず一貫性のある質問をするようにしましょう。

見積り前に症状の説明や、質問すべきことをすべてメモしておくのがおすすめです。

最短日程を確認する

水道修理業者によって最短で工事を行うことのできる日程は異なってくるため、必ず見積り時に確認しておくようにしましょう。

作業内容によっては即日対応を行ってくれる場合もあります。

早朝や深夜帯などは、別料金がかかってくることもあるのであらかじめ確認しておくことが大切です。

水道修理業者に頼む際の費用相場

水道修理業者に見積もりを取ってもらうときには、あらかじめ修理にかかる費用相場を知っておくようにしましょう。

価格が定められていないため、水道業者によって修理費用は大きく異なってきます
しっかりと比較して後悔のない水道修理業者選びをするようにしてください。

つまりの修理費用

排水口のつまりやトイレのつまりの修理費用は5,000円〜10,000円前後が費用相場です。

この費用はあくまで軽度のつまりに対する費用相場なので、ローポンプや便器取り外しなどを必要とするつまりの場合には30,000円~50,000円と高額になる可能性もあります。

見積もり時にどういった作業が必要なのかということを確認するようにしましょう。

水漏れの修理費用

お風呂やキッチンなどのパッキンなどが原因の水漏れなどは交換修理で4,000円前後が費用相場です。

カートリッジなどの交換が必要な場合には、この料金に部品代などが加算されます。

配管から水漏れする場合には、状況によってかかってくる修理費用は異なるため注意しましょう。

コンクリート下の配管などは、はつり作業などが必要になるため30,000円~50,000円の修理費用がかかる場合もあります。

一般的な排水管の水漏れであれば20,000円〜30,000円前後となりますがあくまで目安です。

漏水調査や防水処理など、他の費用が加算されることになるので費用の内訳をしっかりと確認する必要があります。

水栓交換費用

蛇口の交換を行う場合には、取り付けする水栓のタイプによって値段が異なってきます。

工事費のみだと7,000円〜20,000円前後が費用相場です。

ただ、水栓の価格によって部材費などが加算されるため水栓の種類とグレードによっては高額になります。

サーモスタット水栓などを取り付ける場合には、工事費など含めて30,000円〜50,000円程度が費用の目安です。

水のトラブルに関するよくある質問

水のトラブルに関するよくある質問
水のトラブルが生じてしまった時によくある質問についてまとめてみました。気になることがあれば参考にしてみてください。

トイレが詰まったらどこに連絡する?

トイレがつまったときには、まず自分でラバーカップなどを使用してつまりを解消することができないか試してみましょう。

自分でトイレの詰まりが抜けない場合は、水道修理業者に連絡しましょう。

賃貸の場合には、管理会社か大家さんに連絡して対応をお願いするようにしましょう。

あわせて読みたい
はじめての水道修理業者選びを迷っている方向け|おすすめ修理会社3選 緊急系の水道修理会社数社に身を置き15年の私が 「水漏れ修理で困っているけどどこの会社を選べばいいかわからない。」 「ぼったくりにあったり怖い思いをしたくないな...

 

水道修理業者の支払い方法は?

水道修理業者に修理を依頼した場合にどうやって料金を支払うのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

以前は、修理が完了したらその場で現金支払いをするのが一般的でした。

ですが大手の水道修理業者であればコンビニ後払いやクレジットカード、電子決済にも対応していることがほとんどです。

また水道修理業者によっては銀行振り込みにも対応しているところもあります。

現金の手持ちがない場合には、銀行振り込みなどを希望すれば銀行や郵便局など指定の金融機関やATMで支払えるケースもあります。

各業者によって対応は異なるため、まずは直接相談してみるようにしましょう。

水のトラブルで悪質業者を見抜くには?

水のトラブル時に絶対に選んではいけないポイントがあります。

それは安すぎる広告です。

悪質業者の特徴としてインターネットで集客を行うために、数百円で水漏れ修理ができるなどと謳っていることがあります。

その金額で業者が修理を行えるはずがないので注意しましょう。

数百円では人件費にもなりません。普通に考えて無理があります。

訪問してから、必要のない修理やリフォームなどを契約させられるようなトラブルもあるので、格安のおとり広告には注意する必要があります。

Twitterの水のトラブルについてのクチコミ

Twitterの水のトラブルについてのクチコミ

まとめ|水のトラブルが起きたらすぐにやるべきこと3選

まとめ|水のトラブルが起きたらすぐにやるべきこと3選
この記事では『水のトラブルが生じてしまった時の対処法と業者の選び方』についてご紹介しました。

水まわりの修理は適切に行わなければすぐに水漏れしてしまったり、被害が大きくなってしまうこともあるため注意が必要です。

信頼のできる水道修理業者を知っておくと、水漏れやつまりなどが起きてしまった時にも安心ですよね。

この記事を参考にして頂いて、急な水のトラブルにも対処できるようにしておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次