トイレの修理費用っていくらくらいが相場?修理費用の目安

トイレの修理費用っていくらくらいが相場?修理費用の目安

トイレは水まわりの中でも特にトラブルが引き起こされやすいので、トイレの修理費用でお悩みの方も多いのではないでしょうか?

排水つまりや水漏れが起きてしまうとトイレの修理はいくらくらいいかかるの?と不安に思ってしまいますよね。

そこで、この記事ではトイレ修理にかかる費用相場をトラブルごとに徹底解説!

少しでも安く修理費用を抑えたいとお考えの方のために、自分で修理を行う場合と水道修理業者に依頼する場合の2パターンに分けて詳しくご紹介します。

自分で修理すべきか業者に依頼すべきか迷っている方もこの記事を読めば安心して修理を行うことができるのでぜひ最後までご覧ください。

この記事を読んで欲しい人

  • トイレ修理にいくらかかるか知りたい
  • トイレから水漏れやつまりが起きて困っている
  • トイレのトラブルを安く修理したい
  • 業者に依頼するのが不安
  • 自分で修理するべきか業者に任せるべきか迷っている
目次

トイレ修理を自分で行う場合の費用相場

トイレ修理を自分で行う場合の費用相場

トイレの修理は自分で行えば部品代と工具代のみで修理することができるので費用をグッと抑えることができます。

簡単な部品交換などは自分で修理してみると、案外すんなりと水漏れを修理することができたりもするのでおすすめ!

ただ、実際にトイレの水漏れを自分でする場合にはどのくらいの費用がかかるのか、検討もつかないという方も多いかと思います。

以下では、トイレの水漏れとつまりを解消するために必要な費用相場についてそれぞれご紹介します。

トイレのつまりを自分で修理する方法については、以下でご紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

トイレの水漏れを自分で修理する費用相場

トイレはボールタップの働きによってタンク内部に溜めた水をフロートバルブが開くことで、一気に便器内に放出して洗浄します。

しかしタンク内部だけでなく止水栓や床面から水漏れしたり、温水洗浄便座から水漏れが生じてしまうことも…。

トイレの水漏れは1つのことが原因で水漏れしているわけではないんですね。

そのためそれぞれに適した修理方法を行わなければなりません。

トイレタンク内部の水漏れ

トイレタンク内部から便器内にチョロチョロと水漏れしている場合に考えられる原因は、給水を行っているボールタップの故障や劣化が考えられるため部品を交換して対応します。

ボールタップはホームセンターで5,000円前後で購入することが可能です。

タンク内部の水を塞き止める役割を担っているフロートバルブが劣化している場合には、レバーとフロートバルブを繋ぐチェーンを取り外して交換します。

フロートバルブもボールタップ同様ホームセンターで購入することができます

フロートバルブが販売されている価格は500円~1,000円前後なので、ボールタップよりも安く交換することができますね。

これらの部品を交換するときには工具が必要になりますが、安い工具なら100円ショップで購入することができます

ホームセンターでは1,000円前後で購入することができるので、しっかりとしたものを購入しておくのがおすすめです。

部品を購入するときには必ずトイレの型番やメーカーを確認して対応しているものを購入するようにしてください。

止水栓からの水漏れ

トイレタンクの横にある止水栓から水がポタポタと水漏れしている場合には、止水栓の中にあるパッキンを交換すれば水漏れを解消できる場合があります。

水栓のパッキンはホームセンターで500円前後で購入することができます

必要な工具はマイナスドライバーがあれば交換することができるでしょう。

自宅にマイナスドライバーがない場合には100円ショップなどでも購入することができますが、先端が潰れやすくあまりおすすめはできません。

ホームセンターでパッキンを購入するときに、安いマイナスドライバーでも十分なので一緒に購入しておくようにしましょう。

パッキンを交換するときには、取り外したパッキンを持参してホームセンターで探すのがおすすめです。

分からないときは店員さんに相談してみると、対応しているものを教えてくれるでしょう。

床と便器の接地面からの水漏れ

トイレの床と便器の接地面からジワジワと水漏れしてくる場合には、接続部分のガスケット用フランジと呼ばれる大きなパッキンのような部品が劣化している可能性が考えられます。

部品はホームセンターなどで500円~1,000円前後で購入することができます。

しかし、基本的に床と便器の接地面から水漏れしてくる水漏れは、自分で修理することは難しいと考えておきましょう。

トイレタンクや便器本体をすべて取り外して作業しなければならないため、1つ間違えてしまうと陶器製のタンクや便器を破損させてしまう恐れがあります。

タンクや便器にヒビが入ってしまうと本体ごと交換しなければならず10万円以上の費用がかかってしまいます。

トイレの床と便器の接地面からの水漏れは、慣れていない人は水道業者に依頼するようにしましょう。

給水管からの水漏れ

給水管から水漏れしている原因が接続ナットの緩みが原因である場合には、ナットをレンチで締め付ける(増し締め)だけで対応することができるかもしれません。

接続部のO型パッキンが劣化している場合には、ホームセンターで300円程度で購入することができるので新しいものに交換しましょう。

給水管本体が破損している場合には、パイプごと交換しなければならないので水道業者に依頼して点検と見積もりを行ってもらうようにしましょう。

温水洗浄便座からの水漏れ

温水洗浄便座の水漏れで多いのは、ノズル部分・操作パネル下部・給水ホースの繋ぎ目です。

基本的には温水洗浄便座を自分で修理するのはおすすめできません

温水洗浄便座は電化製品なので、作業することで感電してしまったり火災などのトラブルに繋がってしまうリスクもあります。

ノズル部分の目詰まりなどが原因で水漏れしている場合には、お掃除シートで拭くだけで対処できます。

温水洗浄便座本体から水漏れしている場合にはさまざまな原因が考えられるので自分で修理をせずに水度業者かメーカーに依頼するようにしましょう。

トイレのつまりを自分で修理する費用相場

トイレのつまりは軽度なものであれば簡単に修理することができますが、排水管の奥深くに詰まりが起きてしまっている場合の対処は難しいという特徴があります。

それぞれの症状を自分で修理するには、どのくらいの費用がかかるのか以下ではご紹介します。

トイレットペーパーなどのつまり

トイレットペーパーなど比較的軽度なつまりは、ラバーカップで対処することができるのでおすすめです。

一般的にはスッポンの名称で呼ばれていますね。

ホームセンターなどで1,000円程度で購入することができるのでトイレットペーパーなどがつまった場合にはぜひ試してみるようにしましょう。

異物によるつまり

眼鏡やスマホなど、異物を誤ってトイレに落としたことが原因で詰まってしまうことがあります。

このような異物による詰まりは、基本的に自分で対処するのが難しいためプロの水道修理業者に依頼して原因そのものを取り除いてもらう必要があります。

比較的浅い部分で詰まっている場合には手で直接取り除いたり、トーラーなどで引っ張り出すこともできるので試してみてもいいでしょう。

ワイヤー式トーラーはホームセンターで数千円前後で購入することができます。

ハンガーの一部をカットし伸ばして使えば代用することが可能ですが便器本体を傷付けないように注意しましょう。

排水管内部の汚れによるつまり

排水管内部の汚れが原因で詰まりが起きている場合には、詰まりを取り除くための薬剤を用いて掃除するようにします。

ホームセンターや薬局などで500円前後で購入することができるデオライトなどの尿石除去剤で排水管内の汚れを取り除いていきましょう。

頑固な汚れなどは高圧洗浄機などを使って掃除する必要があるため水道業者に依頼するようにしてください。

トイレ修理を水道修理業者に依頼した場合の費用相場

トイレ修理を水道修理業者に依頼した場合の費用相場

水まわりの修理を自分でするのってちょっと怖いですよね。

そんなときはプロの水道修理業者に依頼するのがおすすめ!

しかし、トイレの水漏れやつまりを水道修理業者に依頼して修理してもらう場合、料金システムが複雑でどのような内訳があるのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

一般的に水道修理業者の修理料金は「基本料金+作業料金+部品代+その他の諸経費」が総支払額となることが多いです。

基本料金は2,000円~5,000円が目安となり、作業料金は水道業者によって大きく異なるため、事前に見積もりを取ってもらうときに内容を確認するようにしましょう。

その他の諸経費には、見積もり料や出張料金などがあります。

出張料が無料でも、基本料金を高くして出張費分を充当しているようなパターンも多くあるので、部分的な価格で判断するのではなく総合的な価格で判断することが大切です。

以下では、トイレの水漏れや詰まりを水道修理業者に修理してもらうときにかかる費用相場についてご紹介します。

トイレの水漏れを業者に修理してもらう費用相場

トイレの水漏れが発生してしまうのはいくつか原因が考えられますが、トラブルの内容によって水道修理業者に修理してもらう費用相場は変わってきます。

トイレのトラブルごとの費用相場について確認しておきましょう。

トイレタンク内部の水漏れ

トイレタンク内部から水漏れしていて部品を交換しなければならない場合に、水道修理業者に依頼したときの作業料金の相場は6,000円~8,000円前後です。

これに基本料金と部品代が加算されるため8,000円~13,000円前後が支払額の費用相場となるでしょう。

トイレタンクの脱着が必要な場合には、これよりもさらに高くなることもあるので見積もり時にしっかりと確認するようにしましょう。

止水栓からの水漏れ

トイレ内の止水栓の水漏れで、パッキン交換のみで完了する場合には4,000円前後が作業料金の目安になります。

基本料金と合わせると6,000円~9,000円前後が費用相場ですね。

できるだけ安く抑えたいという方は、パッキン交換を自分で行ったり基本料金が安く設定されている水道業者を選ぶようにしましょう。

トイレの床と便器の接地面からの水漏れ

トイレの床と便器の接地面からの水漏れは、便器の脱着が必要になるため比較的高額になりやすいという特徴があります。

一般的な洋式トイレの脱着工事費は、水道業者によって異なりますが20,000円~30,000円前後が目安です。

これに基本料金やガスケットの交換作業や部品代が加算されることになる場合には、50,000円前後の費用がかかることもあります。

給水管からの水漏れ

トイレ内の給水管を交換しなければならない場合には、作業料金が5,000円前後と給水管本体の部品価格が必要になります。

給水管からの水漏れが、ナットの緩みなどの場合には調整作業のみで対処することができるので4,000円前後が作業料金の相場です。

またパッキン交換だけで済むような場合にも、調整作業と同じくらいの価格で修理することができます。

温水洗浄便座からの水漏れ

温水洗浄便座が壊れてしまって交換しなければならない場合や、経年劣化によって修理不可能な場合には取付け交換が必要になります。

一般的な温水洗浄便座なら8,000円~10,000円前後の作業料金なので10,000円~15,000円+温水洗浄便座の本体価格が費用相場となります。

少しでも安く済ませたい時には温水洗浄便座のグレードを下げるか自分で安いものを購入しておいて交換作業のみ依頼するのがおすすめです。

ただ、自分で商品を準備した場合には別途手数料として作業量の20%~30%が追加請求されることもありますので確認してみるようにしましょう。

トイレのつまりを水道業者に修理してもらう費用相場

トイレの詰まりは軽度なものから排水管の洗浄を行わなければならないものまであるため、費用相場は異なります。

詰まりのトラブルを水道修理業者に依頼した場合の費用相場は、以下を参考にしてください。

トイレットペーパーなどのつまり

大量のトイレットペーパーなどが原因で、水が逆流してきたりする比較的軽度な詰まりは5,000円~7,000円の作業料金で修理してもらうことが可能です。

基本料金と合わせて7,000円~12,000円前後が支払額の費用相場になりますね。

ローポンプなどを用いても修理することができないような詰まりの場合だと、さらに作業料金が高くなってしまう可能性があります。

トーラー作業などが必要になると10,000円~18,000円前後の作業料金が必要です。

少しでも費用を安く抑えたい方は、詰まりが起きてしまったらすぐにラバーカップなどを使って詰まりを解消するようにしましょう。

異物によるつまり

トイレに眼鏡やスマホなどの異物を落としてしまって詰まりが生じてしまったときには、トーラーなどで異物を除去する作業が必要になるため10,000円~18,000円の作業料金がかかります。

基本料金と合わせると12,000円~23,000円程度が修理費用の目安になるでしょう。

便器を取り外さなくてはならない場合には50,000円以上の修理費用がかかることもあるため見積もり時に内訳をしっかりと確認するようにしてください。

異物をトイレに流した時の鉄則は「水を流さない」ということです。

詰まりの原因がより奥深くに入っていってしまうと、さらに事態は深刻化して修理費用が高くなってしまうことになります。

排水管内部の汚れによるつまり

排水管内部の汚れが軽度なものであれば、業務用の薬剤を用いて洗浄してもらうことができます。

その場合の費用は7,000円~15,000円前後です。

しかし、排水管内部に汚れが固着していたり石灰化している場合には、高圧洗浄機で徹底的に掃除しなければ繰り返し詰まりが起きてしまう可能性があります。

水道業者によって高圧洗浄機による修理費用は異なりますが15,000円~50,000円を目安にしましょう。

高圧洗浄車を用いて作業を行わなければならない場合には、10万円近くの修理費用がかかることもあります。

トイレの修理を自分でするのと水道業者に依頼するのはどちらがおすすめ?

トイレの修理を自分でするのと業者に依頼するのはどちらがおすすめ?

トイレの詰まりや水漏れはできるだけ早く修理したいですよね。

自分で修理する場合と、水道業者に任せる場合のどちらがいいのか悩んでいる方も多いかと思います。

以下では自分で修理するのがおすすめなケースと一刻でも早く水道業者に依頼すべきケースについてご紹介します。

自分で修理するのがおすすめの場合

自分でトイレを修理するのがおすすめのケースは以下の3つです。

当てはまる場合には、水道業者にいきなり依頼するのではなく自分で修理してみるようにすると費用を安く満足する結果が得られる可能性があります。

なにがなんでも費用を安く抑えたい

自分で修理するのに必要な費用は、部品代と工具代の費用のみ!

工具がない場合には、別途購入する必要がありますが100円ショップなどで購入することもできるので、かなり安く修理費用を抑えることができます。

水道修理業者は経験を積んだプロが、徹底的に詰まりや水漏れの原因を修理するため、人件費や維持費などの諸経費がかかるため費用がどうしても高くなってしまいます。

見積費用や深夜料金などが必要になることも多いため、パッキンの交換だけでも10,000円以上の修理費用が請求されてしまうんです。

しかし、自分で修理すると最安値でトイレの修理を行うことができます。

今後同じような、トイレのトラブルが発生したときに迅速に対応することができるというのもうれしいポイントですよね。

簡単に修理できる

トイレの修理を検討しているときに「これなら簡単に修理できそうだ」と思うことができる作業は自分でやってみるのがおすすめです。

パッキンの交換やタンク内の部品交換などは、専門知識がなくてもゆっくり丁寧に作業を行えば修理することができます。

最近ではYouTubeなどでもトイレの修理方法を後悔している動画もあるので、1つ1つの手順をしっかりと踏んでいけば単純な修理作業は行うことができるはずです。

自分の都合に合わせて修理したい

緊急対応の水道修理業者が近くにあれば頼りになりますが、地方に住んでいたりする場合にはトイレの修理を依頼してもすぐに手配ができず時間がかかるようなケースもあります。

そんなときに自分で修理することができれば、水道業者に日程を合わせたりすることなく自分の都合に合わせて修理できるので便利です。

水道業者は早朝や深夜に修理依頼をすると別途追加費用が発生するところも多いので注意しなければなりません。

業者に依頼するのがおすすめの場合

トイレの詰まりや水漏れを修理する場合に、自分で修理するよりも水道業者に依頼する方がおすすめなケースについてご紹介します。

以下の3つに当てはまっている場合には、自分で修理してしまうとさらに事態が深刻化してしまう恐れもあるので、水道業者に依頼するようにしてください。

老朽化が進んでいる場合

トイレの詰まりや水漏れが発生したときにトイレの老朽化が進んでいる場合には水道業者に依頼するのがもっともおすすめ修理方法です。

設置してから10年以上が経過しているトイレは、トラブルの原因となっている箇所以外も同じように劣化している可能性が高いという特徴があります。

そのため、修理を行うときに他の部分を誤って破損させてしまうようなリスクがあります。

また1つの部品を交換しても他の部分がすぐに不具合を発生させてしまうようなケースもあります。

根本的な水漏れや詰まりの解消にはならないため、古いトイレの修理は水道修理業者に依頼するのがおすすめです。

確実にトラブルを解消したい

トイレの詰まりや水漏れを自分で修理しても、トラブルが起きている箇所が複数あってなかなか問題を解決できないことがあります。

トイレはいくつもの部品が連動して機能しているので、原因の特定が難しい場合もあるので注意しなければなりません。

トイレは毎日何度も使用する水栓設備なので、確実にトイレの水漏れや詰まりを解消させるためにはプロの水道修理業者に依頼するようにしましょう。

自分で修理するのが不安

トイレの修理を自分でするのが不安だと感じる場合には、迷わずプロの水道修理業者に依頼するのがおすすめです。

実際に修理を行っている途中に挫折してしまうと、水道業者を手配するまでに時間がかかってしまいます。

時間帯や水道業者によっては、すぐに対応することができないと断られてしまう可能性があります。

パッキンの交換やタンク内の部品を交換するだけの場合には、元に戻せばトイレ自体は使うことができます。

しかし、タンクや便器を自分で取り外してしまった場合には、水道業者に依頼して修理が完了するまでトイレを使うことすらできないので注意しましょう。

トイレ修理を水道業者に依頼した方のツイートや感想

トイレ修理を水道業者に依頼する場合の注意点

トイレ修理を水道業者に依頼する場合の注意点

トイレにトラブルが発生し、焦って適当な水道業者に依頼した結果、高額な料金と満足いかないサービスで後悔してしまった!なんて声を聞きます。

トイレの詰まりや水漏れを水道修理業者に依頼する場合には、以下の3つのポイントに注意するようにしましょう。

悪徳業者に注意する

水道修理業者の中には詐欺まがいの営業を行う悪徳業者も存在しています。

そういった悪徳業者は、詳しい現地調査をしていないにも関わらず「300円~で修理できます!」と激安価格を提示してくることがあります。

直接自宅に訪問して、「今すぐトイレ修理をしないと大変なことになる」と不安を煽るような悪徳業者もいるので、注意するようにしましょう。

そしてそのような悪徳業者は、すぐに帰ってもらうようにしましょう。

焦って契約してしまった場合には、地元の消費者センターへ相談しましょう。

水道修理業者を選ぶときには、口コミや評価などをしっかりと確認して安心して任せることができる水道業者に依頼する必要があります。

適正料金を把握しておく

トイレの水漏れや詰まりの修理を水道業者に依頼することなんてそうそうないため、適正価格がよく分からないという方も多いのではないでしょうか?

水道修理業者の料金設定を複雑に感じてしまって、内訳もよく分からないまま修理依頼してしまうようなこともあります。

適正価格を知らないと悪徳業者なのか優良業者なのかを判断することもできませんよね。

この記事でご紹介している費用相場を参考にして、水道業者を選ぶようにしましょう。

事前見積もりを取る

水道修理業者に依頼するときには、必ず事前見積もりを取ってもらうようにしましょう。

見積もりすら行わずに契約を迫ってくる業者は、絶対に信用してはいけません

見積もり無料、キャンセル可能な水道業者を選べば見積もり後にじっくり考えたい場合や他社と比較する場合にも安心です。

SNSでのみんなのクチコミや評判|トイレの修理費用と相場

まとめ

まとめ

トイレの修理を行うときには前もって料金がどのくらいかかるのか?

ということをしっかり理解しておけば、もしもの時も落ち着いて対処することができます。

簡単なトイレ修理を自分で行うか、水道業者に依頼して確実にスピード対応してもらうかを検討するためにも、この記事でご紹介した料金や注意点を覚えておくようにしましょう。

おすすめの大手水道修理業者

スクロールできます
水の救急隊by株式会社クリアライフ
水の救急隊
クラシアン
クラシアン
イースマイル
イースマイル
出張費無料無料無料
最低料金¥5,500¥8,800¥8,800
即日対応
割引きWEB割引¥3,0002回目 10%OFFWEB割引¥3,000
夜間割増なしありなし
後払い
公式サイト公式サイト公式サイト
プロモーションを含みます

今月のおすすめ水道業者4選

水の救急隊

水の救急隊by株式会社クリアライフ

JBR

水の生活救急車(JBR)

クラシアン

クラシアン

イースマイル

イースマイル
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

あなたの体験や疑問を教えて下さい

コメントする

目次